+1日1回 モアイ飛ばし
+エスパー伊藤 高能力ブログパーツ
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
筆談ホステス
評価:
斉藤里恵
光文社
¥ 1,365
(2009-05-22)
コメント:昨日届き早速読んでみた。色々な経験があった上での現在の彼女、があまりはっきりとは分からなかった。肌感覚として伝わって来なかった、という感じかな。

本を読んで思ったのは彼女はハンデがなかったとしても、その時その時の自分自身を冷静に分析しながら、人の縁を大事にし、頑張っていくんだろうな、と思った。耳が聞こえないのに銀座で働いている事も確かにすごい事だけど、それよりも里恵さん自身がバランス感覚を持った前向きな女性としての素晴らしさを25歳にして備えているすごさを感じた。 本からは「耳が聞こえないハンデを克服して頑張ってます、私」という事ではなく「自分ができる最高の事を考えて行動してます、私」という事が伝わってくる本。 という事もあり、本から伝わってきた人としての深み、と実際話をした際に感じる深みとのギャップがありそうだと感じた。会った時の方が深いと感じる気がする、という意味。 彼女、嫁以外で、上手に転がされるというかノセてもらえるというか、そんな女性がいる事は男として本当に重要だったりする。周りを見てみてもそう思うし、この本を読んで改めて思った。
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
評価:
戸田 智弘
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,512
(2008-12-20)
コメント:これも必読。自分の事を見つめなおせる本。客観的に自分を考える癖がつく気がするな。これまたしっくりきた。

JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
評価:
戸田 智弘
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,512
(2007-07-12)
コメント:これは絶対読むべき。久々にしっくりきた本。もう一回読もうと思う。

JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
広告も変わったねぇ。
評価:
天野 祐吉
インプレスジャパン
¥ 1,764
(2008-11-28)
コメント:広告を作ってきた人達との対談集。「人の心を動かすもの」という観点はこれからも生きるだろう。

JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
検索バカ
評価:
藤原 智美
朝日新聞出版
¥ 777
(2008-10-10)
コメント:考えるという行為をし、時間をいかに作るか?思考する事が重要だと。空気を読め、という考えを否定している。少し納得、「空気を読め」という指摘は何も具体的ではなく、指摘になっていない。

JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ガンに生かされて

評価:
飯島 夏樹
新潮社
¥ 1,260
(2005-03-30)
コメント:先日のTVで放映されていた飯島さんの映画を見て、本が気になり読んでみた。一気に読んでしまった。心に残る1冊。
死を目の前に提示された人がこれほどまでに前向きに生きられるのか・・・今の僕にはできない、と思う。この本を見て、命ある限りこれから前向きに考えよう、などと思わない。そんな感想では安っぽくなってしまう。「ただ、ただ、心に響いた」 との感想が1番合っている気がする。

そして、「今を受け止める事の大事さ」は痛いほど感じた。


JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
天国で君に逢えたら

評価:
飯島 夏樹
新潮社
¥ 1,260
(2004-07-31)
コメント:ぼくの周りにいるすべての人に優しくしようと思った。何かをしてあげる、何かを手伝うという事ではなく、「心の持ち方」で。「優しい心」で接していきたいと思った。
JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
定説だってウソだらけ

評価:
日垣 隆
ワック
¥ 900
(2008-07)
コメント:ぼくは、物には色々な見方があるから、何かを考えるときは様々な方向から考えるようにしている。ただし、専門家がいう事には勝手に納得している自分がいた。専門家の定説を専門家が独自の視点で反論している本、なかなか興味深かった。
鳥インフルエンザはこわくない。
ガンは共存可能。
渋滞は車の速度が40km以下になると起こる。原因が道路の勾配。
などなど。

マスコミだけが情報源ではない世の中にはなったが、やはりマスコミに踊らされてる自分たち。どの情報が本当でどの情報が嘘なのか、ではなく、基本的にはすべての情報が本当ではある。すべての本当の情報をどのように解釈するのかが重要。やっぱり、今後は情報の捉え方がより一層重要になると思う。個人の意識の問題なのかな。

JUGEMテーマ:読書
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
野村再生工場
JUGEMテーマ:読書
 

評価:
野村 克也
角川グループパブリッシング
¥ 740
(2008-08-10)
コメント:さらっと読めた。結果に至るプロセスが大事で、考えさせる事でメンバーを成長させていく。予想以上に面白かった。
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
適当教典
JUGEMテーマ:読書
 

評価:
高田 純次
河出書房新社
¥ 578
(2007-06)
コメント:言葉では伝わらないおもしろさが、高田純次の言葉にはある。単純におもしろいけど、やっぱ高田純次は映像ですね。
| | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark